“タレント転身”ビッグダディはフジに骨までしゃぶられる

公開日: 更新日:

「来年は人生なめてかかろうと思ってます」

 先日、女性誌でこう言ってタレント転身を宣言したのは“ビッグダディ”こと林下清志さん(48)。経営していた岩手県の整骨院「盛岡屋」も11月いっぱいでやめ、万全の態勢で芸能活動に本腰を入れるという。ひと足先に芸能界デビューを果たしている元妻の美奈子(30)も相変わらずバラエティーでは人気者。そんな2人に目をつけてヨダレを垂らしているのがフジテレビだという。

 フジでは「めちゃ×2イケてるッ!」の中で昨年2月からダディブームに乗っかり、岡村隆史(43)がダディの真似をするパロディーコント「超痛快!リトルダディ」を放送。

 ところが、「これを見たテレビ朝日の関係者が激怒。テレ朝の『痛快!ビッグダディ』シリーズは放送終了が決まっていましたが、このままでは一家のイメージが悪くなると言って、すでに撮影打ち切りを表明していたダディを説得して放送が継続された経緯がありました」(テレビ関係者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る