• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TVなど62本に出演 さかなクン「深海魚ブーム」で大忙し

 リュウグウノツカイ、ダイオウグソクムシ、サケガシラ……。

 空前の深海魚ブームが止まらない。きっかけは昨年5月にNHKスペシャルで放送された「幻の深海巨大生物」。世界で初めてダイオウイカの撮影に成功し注目されたが、今となっては東京湾や日本海沿岸で次々に漁師の網に引っかかるように。すっかり身近な存在となってしまった。

 そんなダイオウイカをはじめ、水族館でも深海魚が大人気。鳥羽水族館では、ダイオウグソクムシやメンダコのぬいぐるみが飛ぶように売れている。書店でも深海魚図鑑や絵本の売れ行きは好調だという。

 そんな“深海魚バブル”に沸いているのが、さかなクンだ。降って湧いた深海魚ブームで「ニュースウオッチ9」(NHK)、「ひるおび!」(TBS系)、「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)といったニュース情報番組でも引っ張りだこに。今年だけで、もともとレギュラーだったものも含めて62本のテレビ、ラジオ、イベントに出演。あらゆる魚を食してきたため、深海魚の味を知る数少ない証人として重宝されている。

「千葉県立安房博物館客員研究員」「文部科学省日本ユネスコ国内委員会広報大使」などさまざまな肩書を持つさかなクン。深海魚バブルで財布の中にはギョギョギョッ! とする額のカネが詰まっているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る