TVなど62本に出演 さかなクン「深海魚ブーム」で大忙し

公開日: 更新日:

 リュウグウノツカイ、ダイオウグソクムシ、サケガシラ……。

 空前の深海魚ブームが止まらない。きっかけは昨年5月にNHKスペシャルで放送された「幻の深海巨大生物」。世界で初めてダイオウイカの撮影に成功し注目されたが、今となっては東京湾や日本海沿岸で次々に漁師の網に引っかかるように。すっかり身近な存在となってしまった。

 そんなダイオウイカをはじめ、水族館でも深海魚が大人気。鳥羽水族館では、ダイオウグソクムシやメンダコのぬいぐるみが飛ぶように売れている。書店でも深海魚図鑑や絵本の売れ行きは好調だという。

 そんな“深海魚バブル”に沸いているのが、さかなクンだ。降って湧いた深海魚ブームで「ニュースウオッチ9」(NHK)、「ひるおび!」(TBS系)、「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)といったニュース情報番組でも引っ張りだこに。今年だけで、もともとレギュラーだったものも含めて62本のテレビ、ラジオ、イベントに出演。あらゆる魚を食してきたため、深海魚の味を知る数少ない証人として重宝されている。

「千葉県立安房博物館客員研究員」「文部科学省日本ユネスコ国内委員会広報大使」などさまざまな肩書を持つさかなクン。深海魚バブルで財布の中にはギョギョギョッ! とする額のカネが詰まっているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  9. 9

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る