• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TVなど62本に出演 さかなクン「深海魚ブーム」で大忙し

 リュウグウノツカイ、ダイオウグソクムシ、サケガシラ……。

 空前の深海魚ブームが止まらない。きっかけは昨年5月にNHKスペシャルで放送された「幻の深海巨大生物」。世界で初めてダイオウイカの撮影に成功し注目されたが、今となっては東京湾や日本海沿岸で次々に漁師の網に引っかかるように。すっかり身近な存在となってしまった。

 そんなダイオウイカをはじめ、水族館でも深海魚が大人気。鳥羽水族館では、ダイオウグソクムシやメンダコのぬいぐるみが飛ぶように売れている。書店でも深海魚図鑑や絵本の売れ行きは好調だという。

 そんな“深海魚バブル”に沸いているのが、さかなクンだ。降って湧いた深海魚ブームで「ニュースウオッチ9」(NHK)、「ひるおび!」(TBS系)、「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)といったニュース情報番組でも引っ張りだこに。今年だけで、もともとレギュラーだったものも含めて62本のテレビ、ラジオ、イベントに出演。あらゆる魚を食してきたため、深海魚の味を知る数少ない証人として重宝されている。

「千葉県立安房博物館客員研究員」「文部科学省日本ユネスコ国内委員会広報大使」などさまざまな肩書を持つさかなクン。深海魚バブルで財布の中にはギョギョギョッ! とする額のカネが詰まっているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る