700人ゴボウ抜き 「まえだまえだ」CM露出大躍進のワケ

公開日: 更新日:

 ビデオリサーチが最新(13年1~12月)の「タレント別テレビCM露出量」を発表した。1位剛力彩芽、2位上戸彩、3位井川遥、4位大島優子、5位武井咲で、トップ5に昨年同様、オスカープロのタレントが顔を揃える“オスカー祭り”となったが、この上位ランキング(関東地区、20位まで)で見慣れない名前があった。

 12位の前田旺志郎(13)。子供お笑いコンビ「まえだまえだ」のボケ担当、前田兄弟の弟だ。昨年707位から飛躍的にアップ。

■井川遥やきゃりーぱみゅぱみゅとも共演

 なぜ旺志郎がランクインしたのか。今回のランキングではKDDI「au スマートバリュー」のCMに出ている井川をはじめとした出演者が躍進したが、旺志郎のランキングした一因もKDDI。井川、きゃりーぱみゅぱみゅらといくつかのバージョンで共演中。さらに味の素「Cook Do きょうの大皿」ではモリモリと肉を食べる役を演じているが、こう言うのは業界関係者――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る