小保方氏の検証実験 「200回」が本当なら1週間で成功か

公開日: 更新日:

 いよいよ「背水の陣」だろう。「STAP細胞」問題で、理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)が2日、細胞の有無を確認する検証実験に参加するため、神戸市の理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)に出勤した。

 小保方さんは午前11時前、タクシーでCDBに到着した。長く伸びた髪をひとつに束ね、白いパーカにスニーカー姿。4月の会見以来、3カ月ぶりに対面した報道陣の「小保方さ~ん」の呼び掛けにも応じず、足早に建物内に入っていった。

 自ら強く望んでいた検証実験の参加だ。久々の「職場復帰」はうれしいに違いない。ただ、喜んでいられる日はそう長くないだろう。参加は11月末までで、期限内に何らかの「成果」を示さなければますますピンチに陥る。

「小保方さんの検証実験は、不正防止のために第三者が立ち会い、複数のカメラに24時間監視されます。壁にムーミンが描かれた小保方ラボ(研究室)とは百八十度異なる窮屈な環境の下で、実験することになるのです。そして自身の潔白を証明するには絶対、失敗できない。フツーの心境ではいられないでしょう」(在阪科学ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る