株価急降下…小保方氏に翻弄されたバイオベンチャーの苦境

公開日: 更新日:

 理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが、英科学誌「ネイチャー」に投稿したSTAP細胞の2本の論文のうち、1本の取り下げに「同意」した。理研の調査委が論文の「改竄(かいざん)・捏造(ねつぞう)」についてクロ判定してから約3週間。彼女もようやく事実を受け入れる覚悟が出来たのだろう。迷走を重ねた「STAP細胞」論文問題だが、一連の騒動に大きく翻弄されたバイオベンチャーがある。ジャスダック上場の「セルシード」(東京)だ。

 セルシードは01年に設立。細胞シートを使った再生医療事業などを手掛ける。連結売上高が1億円余り(13年度)の中小企業がガ然、関心を集めたのが「STAP細胞」発見のニュースだった。

「バイオ関連銘柄として注目され、『STAP細胞』発表前は1600円台で推移していた株価が発表翌日の1月31日、2400円に急騰し、年初来高値を更新しました。セルシードが話題になったのは、それだけではありません。小保方さんの博士論文を指導し、『STAP論文』の共著者だった岡野光夫氏が取締役、大和雅之氏が株主だったため、超有望株とみられた。一時はインサイダー疑惑も浮上したほどです」(経済ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  10. 10

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る