新番組は「ズームイン昼」? フジが放つ打倒「ミヤネ屋」の刺客

公開日: 更新日:

 フジテレビにとっては三度目の正直。もう負けられない戦である。同局が「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に対抗し、来年4月から報道・情報系の帯番組をスタートさせることが明らかになった。

 フジにとって、平日の午後2~3時台は魔の時間帯。これまで元NHKの住吉美紀アナ(41)や、元日テレの西尾由佳理アナ(37)を看板MCに起用した番組を放送してきたが、視聴率1%台を記録するなど大惨敗。いずれも半年から1年で店じまいし、現在はドラマの再放送でお茶を濁している。

 大阪のローカル番組から全国ネットに昇格して7年。独走を続ける「ミヤネ屋」宮根誠司(51)の牙城を突き崩すのは並大抵ではない。テレビ関係者が言う。

「視聴率6~7%をマークする『ヒルナンデス!』の好調な流れを引き継ぎスタートできるミヤネ屋に対し、フジは昼ドラで4%程度。すでに2%のハンディを背負って始まるわけです。また、扱う話題に差異のないこの手の番組はMCの実力が問われる。今もなお、スキルの上がっている宮根に対抗できる人物はそうはいないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  6. 6

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  7. 7

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  8. 8

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る