新番組は「ズームイン昼」? フジが放つ打倒「ミヤネ屋」の刺客

公開日:  更新日:

 フジテレビにとっては三度目の正直。もう負けられない戦である。同局が「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に対抗し、来年4月から報道・情報系の帯番組をスタートさせることが明らかになった。

 フジにとって、平日の午後2~3時台は魔の時間帯。これまで元NHKの住吉美紀アナ(41)や、元日テレの西尾由佳理アナ(37)を看板MCに起用した番組を放送してきたが、視聴率1%台を記録するなど大惨敗。いずれも半年から1年で店じまいし、現在はドラマの再放送でお茶を濁している。

 大阪のローカル番組から全国ネットに昇格して7年。独走を続ける「ミヤネ屋」宮根誠司(51)の牙城を突き崩すのは並大抵ではない。テレビ関係者が言う。

「視聴率6~7%をマークする『ヒルナンデス!』の好調な流れを引き継ぎスタートできるミヤネ屋に対し、フジは昼ドラで4%程度。すでに2%のハンディを背負って始まるわけです。また、扱う話題に差異のないこの手の番組はMCの実力が問われる。今もなお、スキルの上がっている宮根に対抗できる人物はそうはいないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る