国分太一「すぽると!」降板は当然…“最悪だった”現場の評判

公開日: 更新日:

「ようやくか……」の声多数だ。
 6日深夜、「TOKIO」の国分太一(40)が“土曜編集長”を務める「すぽると!」(フジテレビ系)で、今月27日を最後に同番組を卒業すると発表。09年4月からスポーツ選手や監督を取材し、12年のロンドン五輪、14年のソチ五輪ではキャスターも務めた。6年も続いた「編集長役」だが、現場での評判は最悪だった。

「インタビューの際は用意された質問を読むだけ。勉強不足のまま臨むので、相手が専門的な話をしても掘り下げることができず、会話のラリーが続かない。選手にも局のスタッフが促して初めて挨拶する程度。単独で挨拶に行って無視されることもあった。国分が話すのは“芸能畑”の人ばかりで、馬主の大魔神・佐々木主浩や三浦大輔とは『競馬談議』で盛り上がっていました。番組でも石川遼がミラクルショットを決めた映像を見て、“『みんなのゴルフ』でもできない”などプレーをゲームに例える発言を連発。レベルが低すぎて女子アナや解説者も呆れ返っていた」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る