ロンブー淳が政治ショー司会 「紳助流」で目指す総理のイス

公開日:  更新日:

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(40)が、先輩芸人と同じ道を歩んでいる。4月から東京ローカル局の「TOKYO MX」で始まった「淳と隆の週刊リテラシー」(土曜17時~)。田村淳とジャーナリストの上杉隆氏(46)が、ゲストコメンテーターを交えて1週間のニュースを振り返る生放送の番組だ。

 14日のゲストは、日刊ゲンダイ本紙で「新政官業研究」(火・木曜掲載)を連載中のノンフィクション作家・森功氏。その前週の7日は元航空幕僚長の田母神俊雄氏を招いていた。そして、なぜかスタジオ見学に訪れた若手の国会議員も紹介されたりする。福島県知事選や集団的自衛権の問題など、お堅いテーマを扱う政治色が強い番組だ。

 生放送の政治ショーで司会を務めた芸人といえば、真っ先に思い浮かぶのが引退した島田紳助(58)である。日曜午前の情報番組「サンデープロジェクト」で、“指南役”の田原総一朗氏と番組を進行。時事問題に詳しいインテリな芸人というイメージづくりに成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る