ロンブー淳が政治ショー司会 「紳助流」で目指す総理のイス

公開日:  更新日:

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳(40)が、先輩芸人と同じ道を歩んでいる。4月から東京ローカル局の「TOKYO MX」で始まった「淳と隆の週刊リテラシー」(土曜17時~)。田村淳とジャーナリストの上杉隆氏(46)が、ゲストコメンテーターを交えて1週間のニュースを振り返る生放送の番組だ。

 14日のゲストは、日刊ゲンダイ本紙で「新政官業研究」(火・木曜掲載)を連載中のノンフィクション作家・森功氏。その前週の7日は元航空幕僚長の田母神俊雄氏を招いていた。そして、なぜかスタジオ見学に訪れた若手の国会議員も紹介されたりする。福島県知事選や集団的自衛権の問題など、お堅いテーマを扱う政治色が強い番組だ。

 生放送の政治ショーで司会を務めた芸人といえば、真っ先に思い浮かぶのが引退した島田紳助(58)である。日曜午前の情報番組「サンデープロジェクト」で、“指南役”の田原総一朗氏と番組を進行。時事問題に詳しいインテリな芸人というイメージづくりに成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る