戦時下の母親役 鈴木京香「いつの時代も母は子を思うもの」

公開日: 更新日:

 鈴木京香(46)が17日、都内で行われた主演映画「おかあさんの木」(磯村一路監督)のクランクアップ報告会見に出席した。

 戦後70年の節目を記念して製作された今作は、戦時下の長野が舞台。7人の息子を育てた母親が子供を兵隊に取られるたびに桐の木を植えて帰還を待つという物語だ。

 息子を戦地に送り出す母親役を演じた鈴木は「いつの時代も母は子を思うものなんだと感じました」「多くの子どもたちに見て欲しいですが、特に子どもを持つお母さんに見て欲しい」と感慨深そうに語っていた。映画は6月6日公開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  9. 9

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る