日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神田沙也加 「アナ雪」でも解けない母・松田聖子との“確執”

 自分の名前に反応する歓声に喜びもひとしおだろう。25日、映画「イントゥ・ザ・ウッズ」試写会イベントに神田沙也加(28)が登場した。

 演出家の宮本亜門(57)と一緒に現れた沙也加は、04年に宮本が演出したブロードウェーミュージカル「Into The Woods」に17歳で抜擢されたことを話題にし、「亜門さんの演出を受けたことがすごく楽しかったので、よりミュージカルをやっていきたいと思えた。そこから『アナと雪の女王』にも出あえて、つながりや縁に感謝ですね」と振り返ると、宮本は「沙也加、大人になったねえ~。『アナ雪』も素晴らしかったし、親のようにうれしかった」としみじみと語っていた。

 昨年公開の「アナ雪」日本語吹き替え版で抜群の歌唱力を披露し、一躍人気者の仲間入りを果たした沙也加。ブームのおかげでバラエティーや歌番組の出演は激増。これまで絶対に消えなかった「松田聖子の娘」という呪縛からようやく解き放たれたかのようだ。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事