鈴木京香と結婚は? 煮え切らない長谷川博己に「5月入籍説」

公開日: 更新日:

 9日、サントリーウイスキー「響 JAPANESE HARMONY」のイメージキャラクターに就任した長谷川博己(38)が発表会見に登場した。

 今月7日に38歳の誕生日を迎えた長谷川は「今は充実している。いろいろな仕事をやらせてもらっているので、とにかく30代は頑張らないと40代はないなと思う。この2年をいかに頑張るか」と話すように、現在は月9ドラマに出演中で今年は映画3本の公開が控える超売れっ子俳優。

 しかし、好事魔多し、というべきか。その月9ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ系)の視聴率が芳しくない。初回こそ14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったものの、第3話は11.0%、2日放送の第7話は10.4%まで下げ、ひとケタ目前。一時期は長谷川演じる無職で引きこもりの男が自称する「高等遊民」という言葉が今年の流行語大賞候補になるのでは、なんて話題になったが、そんな話も視聴率の低迷と共に、いつの間にか立ち消えてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る