高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト=https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルなどの取材・分析を手がける。映画パンフレット、芸能プロダクション・企業向け分析リポートの執筆も担当。note個人クリエーターページ(https://note.com/tokyodiorama/)。

令和の「シン・王道」本田仁美は素朴で好感度の高いキャラクター 魅力は金髪の華やかさだけじゃない

公開日: 更新日:

 世間の流れとは逆行して、女性アイドルグループには黒髪のメンバーが少なくない。そんな中で、今年1月にAKB48を卒業した本田仁美(22)は、金・ピンク・紫など、さまざまな髪色で自分を表現して、そのどの色もよく似合っていて、バラエティーでも華やかさがひときわ目立っている。

 とはいっても、髪色がユニークだったから目立ってバラエティーで活躍するようになったのではなく、キャラクターにも、抜き出た魅力があったことは、言うまでもない。

 2001年10月6日生まれ、栃木県出身。14年にオーディションで選ばれ、47都道府県から1人ずつの代表メンバーによって構成される「チーム8」(2023年休止。TOYOTAが全面サポートしていた)の栃木県代表としてAKB48に加入。

 オーディション番組で選ばれて、18年から21年4月まではAKB48での活動を休止して韓国発の多国籍グループ「IZ*ONE」で活動。このグループには当時のAKB48グループから宮脇咲良(現・SAKURA)、矢吹奈子、本田の3人が参加した。SAKURAは現在、韓国のアイドルグループ「LE SSERAFIM」のメンバーとして活躍中で、インスタグラムのフォロワー数は約1105万人で日本のタレントの中で3位。矢吹奈子はバラエティーやドラマで活躍中だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今