日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門店急増、デパ地下でも…「クラフトビール」ブーム到来

 7月中旬、キリンビールが、大手4社の先陣を切ってクラフトビールの新ブランドを立ち上げ、来春から市場への本格参入を表明した。その一環として7月31日からオンラインショップ限定で新ブランドの第1弾商品「スプリングバレーブルワリー 496」(プロトタイプ、330ミリリットルワンウェイびん6本入り=3000円)の予約受注を開始。これがアッという間に売り切れた。

「5日間で4000セットが完売。予想を超える反響でした。『ニュースを見た。あれは何ですか?』といった問い合わせを何件もいただきました」(広報担当者)

 CMなど宣伝はゼロ。パッケージに開発担当者のサインが手書きで入るなど、試作風のデザインが受けたのか。いずれにしろ、大手初の参入が、クラフトビールファンの購買意欲をかき立てたのは間違いない。

 同社は8月下旬、第2弾としてピルスナータイプの予約を開始(数量限定、年末までに計4種を販売)する予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事