• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

専門店急増、デパ地下でも…「クラフトビール」ブーム到来

 7月中旬、キリンビールが、大手4社の先陣を切ってクラフトビールの新ブランドを立ち上げ、来春から市場への本格参入を表明した。その一環として7月31日からオンラインショップ限定で新ブランドの第1弾商品「スプリングバレーブルワリー 496」(プロトタイプ、330ミリリットルワンウェイびん6本入り=3000円)の予約受注を開始。これがアッという間に売り切れた。

「5日間で4000セットが完売。予想を超える反響でした。『ニュースを見た。あれは何ですか?』といった問い合わせを何件もいただきました」(広報担当者)

 CMなど宣伝はゼロ。パッケージに開発担当者のサインが手書きで入るなど、試作風のデザインが受けたのか。いずれにしろ、大手初の参入が、クラフトビールファンの購買意欲をかき立てたのは間違いない。

 同社は8月下旬、第2弾としてピルスナータイプの予約を開始(数量限定、年末までに計4種を販売)する予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る