ニホンウナギ絶滅危機で浮上…「養殖ナマズ」ブーム来るのか

公開日: 更新日:

専門家もイチ押し

 ニホンウナギが絶滅危惧種に指定され、業界は大騒ぎになっている。水産庁は資源管理を強化するため、年間生産量を過去3年の平均値を上限に制限する方針だ。ウナギ好きにとっても気が気でない。

 そんななか、いま注目されているのが、アメリカ、アフリカ、フィリピンのウナギだ。すでにスーパーや飲食店で定着しつつある。
「アメリカ産は天然物も一部スーパーでは扱っていますが、脂は乗ってないし、形も不揃い。でも、フィリピン、インドネシアのピカーラ種は、そこそこおいしいですよ。ニホンウナギより皮は硬めですが、肉厚で関係者の間で期待されています」(水産卸業者)

 ピカーラ種は、現地での取引価格はニホンウナギの10分の1以下。値段も安いし、自宅で家族で食べるなら十分だ。だが、輸入は“一時的処置”にしかならないという。近畿大農学部水産学科の有路昌彦准教授が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る