高タンパク&低カロリーで美味 「ジビエ」大ブームの理由

公開日:  更新日:

 シカやイノシシなど野生鳥獣の肉「ジビエ」がちょっとしたブームだ。18日は長野で「全国ジビエサミット」が開催され、20日は東京・青海で「ジビエナイトお台場」が開かれる。

 イベントの出演者で、長野・蓼科のフランス料理店「オーベルジュ・エスポワール」のオーナーシェフ、藤木徳彦氏がこう言う。
「昨年5月に初めて『お台場ジビエナイト』を開催したところ、90人に参加していただきました。その半分ぐらいが20代後半から40代の女性でした」

 イベントにはシカの背ロースのポワレ、イノシシのバラ肉のワイン煮込みなど5品のジビエが出る。料金は4000円(当日券)。“目玉”はなんとカラスだという。

「カラスと聞くと驚く人がほとんどですが、モモ肉は砂肝みたいな食感で、野生味のある濃厚な味がします。胸肉はもう少し軟らかくローストビーフのようにポワレにします。脳みそもいただけます。クリームチーズのようにトロッとして、ぜいたくな味ですよ」(藤木氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る