• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツアーも続々…中高年に「一人旅」がじわりブーム

 正月休みは故郷へ帰省? それとも9日間連続の休みを利用して海外? 休暇と旅は切っても切れない関係だけど、ちかごろ、休暇を「一人旅」に充てるサラリーマンがジワリ増えている。妻や子供がいる50~60代の“現役”世代が中心で、出かける先は――。

 都内の出版社に勤めるTさん(51)は、勤続25周年の社員に与えられる10日間のリフレッシュ休暇を“趣味のバイクで一人旅”に充てた。

「妻と海外旅行にでも行くつもりだったんですが、下の息子が受験だし、妻のパートの都合がつかなくて。“一人でどこでも好きなところに行ってきて”って言うから、お言葉に甘えて……って感じでした」

 フェリーを使って、主に九州の温泉地巡りを楽しんだ。7日間の一人旅だった。

■1人旅にも現地係員が案内

 海外へ足を向ける人も増えつつある。海外パッケージツアーを企画販売する「ルックJTB」では昨年11月に同社初となる一人参加専用商品「海外ひとり旅」を発売した。“1人でも現地係員が案内する”という、旅行者にとっては至れり尽くせりの商品で、行き先は、ブータンやヒマラヤ、ネパールなどの秘境15カ所。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る