• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツアーも続々…中高年に「一人旅」がじわりブーム

 正月休みは故郷へ帰省? それとも9日間連続の休みを利用して海外? 休暇と旅は切っても切れない関係だけど、ちかごろ、休暇を「一人旅」に充てるサラリーマンがジワリ増えている。妻や子供がいる50~60代の“現役”世代が中心で、出かける先は――。

 都内の出版社に勤めるTさん(51)は、勤続25周年の社員に与えられる10日間のリフレッシュ休暇を“趣味のバイクで一人旅”に充てた。

「妻と海外旅行にでも行くつもりだったんですが、下の息子が受験だし、妻のパートの都合がつかなくて。“一人でどこでも好きなところに行ってきて”って言うから、お言葉に甘えて……って感じでした」

 フェリーを使って、主に九州の温泉地巡りを楽しんだ。7日間の一人旅だった。

■1人旅にも現地係員が案内

 海外へ足を向ける人も増えつつある。海外パッケージツアーを企画販売する「ルックJTB」では昨年11月に同社初となる一人参加専用商品「海外ひとり旅」を発売した。“1人でも現地係員が案内する”という、旅行者にとっては至れり尽くせりの商品で、行き先は、ブータンやヒマラヤ、ネパールなどの秘境15カ所。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る