ツアーも続々…中高年に「一人旅」がじわりブーム

公開日:  更新日:

 正月休みは故郷へ帰省? それとも9日間連続の休みを利用して海外? 休暇と旅は切っても切れない関係だけど、ちかごろ、休暇を「一人旅」に充てるサラリーマンがジワリ増えている。妻や子供がいる50~60代の“現役”世代が中心で、出かける先は――。

 都内の出版社に勤めるTさん(51)は、勤続25周年の社員に与えられる10日間のリフレッシュ休暇を“趣味のバイクで一人旅”に充てた。

「妻と海外旅行にでも行くつもりだったんですが、下の息子が受験だし、妻のパートの都合がつかなくて。“一人でどこでも好きなところに行ってきて”って言うから、お言葉に甘えて……って感じでした」

 フェリーを使って、主に九州の温泉地巡りを楽しんだ。7日間の一人旅だった。

■1人旅にも現地係員が案内

 海外へ足を向ける人も増えつつある。海外パッケージツアーを企画販売する「ルックJTB」では昨年11月に同社初となる一人参加専用商品「海外ひとり旅」を発売した。“1人でも現地係員が案内する”という、旅行者にとっては至れり尽くせりの商品で、行き先は、ブータンやヒマラヤ、ネパールなどの秘境15カ所。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る