• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第1回>四柱推命では「火」の産業に携わる人に好機到来

「四柱推命学は、その人が生まれた年、月、日、時間の4つの柱から“運命の時”を読み解きます。職業の適性や、結婚相手、健康状態、吉方位、年齢別の運勢などを予測し、人生のバイオリズムを知ることができます」

 こう言うのは、四柱推命の鑑定歴18年、東京・吉祥寺で教室を開く宮幹藍后氏。“幸福案内人”とも呼ばれる人気占い師だ。

「つまり人にはそれぞれ正しい決断ができる時、良い会社、家や土地に巡り合う時、幸せになれる相手に出会う時、財を得る時などがあるのです。この“時”を知り、活用しなければ、たとえ同じ生年月日に生まれても、人生の質には大きな隔たりが出来てしまいます。ただ、一度、人生の吉のタイミングに照準を合わせてしまえば、その後の人生の歯車は吉方向へキッチリと回転します。皆さんも四柱推命で人生の根本を改善変化させましょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る