<第1回>四柱推命では「火」の産業に携わる人に好機到来

公開日: 更新日:

「四柱推命学は、その人が生まれた年、月、日、時間の4つの柱から“運命の時”を読み解きます。職業の適性や、結婚相手、健康状態、吉方位、年齢別の運勢などを予測し、人生のバイオリズムを知ることができます」

 こう言うのは、四柱推命の鑑定歴18年、東京・吉祥寺で教室を開く宮幹藍后氏。“幸福案内人”とも呼ばれる人気占い師だ。

「つまり人にはそれぞれ正しい決断ができる時、良い会社、家や土地に巡り合う時、幸せになれる相手に出会う時、財を得る時などがあるのです。この“時”を知り、活用しなければ、たとえ同じ生年月日に生まれても、人生の質には大きな隔たりが出来てしまいます。ただ、一度、人生の吉のタイミングに照準を合わせてしまえば、その後の人生の歯車は吉方向へキッチリと回転します。皆さんも四柱推命で人生の根本を改善変化させましょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る