神社仏閣専門家が厳選 2016年「申」のパワースポット

公開日:  更新日:

「猿」は「エン」と読めることから縁結びの御利益が言い伝えられている。申(猿)年の16年は、猿にまつわるパワースポットを巡ってみたい。ガイドは、全国3000以上の神社仏閣を巡った神社仏閣専門家の坂原弘康氏だ。

■独身者向け

 よく行くのに気づかなかった。「日枝神社」(東京都港区赤坂)には「神猿」と呼ばれる神の使いが祭られている。

「滋賀県大津市の日吉大社を総本社として、比叡山の神・大山咋神を祭っています。山の神様なので、山に住んでいる動物の代表格の猿が選ばれた。江戸幕府の守護神として、徳川将軍家に代々あつく信仰されました。境内には夫の猿(写真左)、子どもを抱いた妻の猿(写真右)が祭られていることから、最近は縁結びを求める女性でいっぱいです」

 ゴロ合わせで「魔去る」(厄よけ)、「勝る」(勝運)の御利益があり、お守りも人気だ。正月は参拝者で賑わうが、平日でも“婚活中”とみられる女子でいっぱい。妻猿をなでるといいとのことで、本紙記者も指紋が消えるほどなで回し、「幸せ運ぶ 神猿みくじ」を引いてみたが、結果はビミョーな「中吉」。待ち人「来たらず」のお告げ。何度も通えば、「神猿パワー」が必ず降臨するはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る