アポロクリエイトHD社長・鳴海千尋氏 独立時に手にした1冊

公開日: 更新日:

 留萌はかつて、大和田炭鉱、浅野炭鉱、昭和炭鉱といった留萌炭田があり、昭和30年代までは大勢の人々でにぎわった。しかし、炭鉱が閉山すると、町は急速にしぼんでいく。

「父は炭鉱の経理マンとして働いていました。しかし、私が幼稚園の頃、脳出血であっけなく逝ってしまった。そのため、母は小さな商店を切り盛りしながら幼い僕と姉を育ててくれた。『お母さんはいつ寝ているのか』と幼心にいつも思っていました。そんな小さな頃は、毎月、書店から届く『少年少女世界の名作文学全集』(小学館)を楽しみにしていました。『ああ無情』『シャーロック・ホームズの冒険』『トム・ソーヤーの冒険』……。姉とどちらが先に読むか競争するのですが、いつも私が後でした。その中でも大好きだったのが、少年が小さなアリに変身して冒険する『チョンドリーノ』という物語です。ミクロの世界というか、不思議な世界観に引き込まれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る