haPi-robo st社長・富田直美氏 米国で出会った一冊の自己啓発書

公開日: 更新日:

 富田直美社長は、外資系企業を中心に、11社の社長、日本総合研究所理事などを経て、2014年にエイチ・アイ・エス傘下のハウステンボス取締役CTO(最高技術責任者)に就任。ロボットが接客することで話題となった「変なホテル」のプロデュースなどを手がけた。

 16年7月にはエイチ・アイ・エスの澤田秀雄社長と、人間の能力を引き出すロボットなどのテクノロジーを通じて、人を幸せにすることを目指す会社「hapi―robo st」を設立し、社長に就任した(澤田氏は会長。社名の「st」は澤田氏の「S」と富田社長の「T」)。

 また、アジア太平洋地域ラジコンカー協会初代会長を務めるラジコンの達人でもあり、ドローンも自在に操る。

 この富田社長は、60歳までは、ほとんど本を読まなかった。

「体験、経験して、それをもとに理想を求める生き方をしてきたのです。本を読むようになったキッカケは、60歳で外資系企業の社長を辞め、次に何をしようかとシリコンバレーに行き、帰国時にサンフランシスコの空港の売店に積んであった真っ赤な本を見つけたことです。赤は私の好きな色で、手に取ってみると布の表装。ページを開くと、プレゼンテーションのようにインパクトのある、自己啓発書でした。著者は世界一のセールスマン、ジェフリー・ギトマー。さっそく購入し、“これを翻訳したい”と、その場で思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る