ねこじゃらし川村社長 文芸評論家の父の悪影響で本嫌いに

公開日:

 訪ねたのは、DMZと名付けられたオフィスの多目的空間。非武装地帯(demilitarized zone)の略で、打ち合わせや商談に忙しい社員がいる一方、実にけしからんことにウトウトしている社員までいる。社名の「ねこじゃらし」といい、なんともフザケタ会社だ。だが、社長の川村ミサキさん(40)は「別にここでは何をしてもいいのです」と意に介さない。

 川村さんは根っからのエンジニア。イラストや音楽をネット経由でやりとりできるファイル共有サービスや、企業向けクラウドバックアップサービスなどを手掛ける。

 父親はなんと、毎日新聞で長く連載を続け、法政大学国際文化学部教授などを歴任した文芸評論家の川村湊さん(67)だ。

「幼い頃、『この人は一体何をやっているのだろう?』と不思議でした。一日中、家にいて、ずっと本ばかり読んでいる。月の本代は50万~100万円。家は数万冊の本であふれ、ついには自宅だけでは収納しきれず、庭にプレハブの保管庫まで造ってしまった。父は本にしか興味がなく、ディズニーランドへ連れていってもらったこともなければ、家族旅行もいつも母と弟の3人でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る