世界に唯一!開けたての味を完全に保つ日本酒だけを置く店

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイの記者が「えっ、そんなに簡単に作れるものなんですか?」と驚くと、「出来ちゃったんですよね」と吉田さん。ちなみに吉田さんは工学部出身などではなく、学生時代はスポーツにどっぷり。かくして出来上がった機械は国際特許を取得し、世界中で使われている。

 吉田さんいわく「実に単純な構造で特許を取っているので、他のメーカーが類似品を作りようがない」。ワインの酸化を防ぐ機械はもう1種類、イタリアのメーカーが出しているが、「酸素がある空間で開栓するので、ウチの機械のように完全に酸化を止められるわけじゃないんです」と吉田さん。

 今回の日本酒の店は、そのワインの酸化を防ぐ機械を使っている。ずらり並ぶ酒はすべて佐賀の酒蔵のもので約200種類。今後、350種類ほどを目指している。

 2度目の驚き、「えっ、佐賀ってそんなにお酒の種類があるんですか?」。

「あるんです。佐賀以外では手に入らないお酒もあります」と吉田さん。日本酒好きにはたまらない。1杯90ccで400円台から。午後3時から開店しているので、昼飲みもできる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る