B・ワトソンはもう息切れ? “荒っぽさ”露呈しスコア伸びず

公開日:  更新日:

【三井住友VISA太平洋マスターズ】

 優勝賞金3000万円ぐらいでは、いまいちやる気も失せるのか。

 初日、9アンダーで単独首位に立ち、さすが世界のトッププロは違うと思わせたB・ワトソン(37)。2日目は5バーディー、2ボギーで回り、通算12アンダー。初日の勢いがなかった。

 初日バーディーの6番540ヤード・パー5で2日目はボギー。「落としどころが狭くなっていた」(ワトソン)と振り返ったが、メジャー2勝の実績からすれば、イージーミスもいいところである。

「ワトソンは神経質で、普段から『ミスしてもイライラしないこと』を自分に言い聞かせているぐらい。一度、ゴルフが乱れだすと、修復不可能な荒っぽさが欠点です。またパニック発作もたまに起こし、すぐ不安になったり、落ち着きがなくなったりする。おそらく世界ランク1位のJ・スピースや同2位のJ・デイと一緒に戦っていれば緊張感が保てるのでしょうが、遠い日本で時差もあったのか、集中が切れてポカをしたのかもしれません」(米ツアー記者)

 トップ10ぐらいの成績では、高い“アゴ足代”を払ったスポンサーもガッカリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る