• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

B・ワトソンはもう息切れ? “荒っぽさ”露呈しスコア伸びず

【三井住友VISA太平洋マスターズ】

 優勝賞金3000万円ぐらいでは、いまいちやる気も失せるのか。

 初日、9アンダーで単独首位に立ち、さすが世界のトッププロは違うと思わせたB・ワトソン(37)。2日目は5バーディー、2ボギーで回り、通算12アンダー。初日の勢いがなかった。

 初日バーディーの6番540ヤード・パー5で2日目はボギー。「落としどころが狭くなっていた」(ワトソン)と振り返ったが、メジャー2勝の実績からすれば、イージーミスもいいところである。

「ワトソンは神経質で、普段から『ミスしてもイライラしないこと』を自分に言い聞かせているぐらい。一度、ゴルフが乱れだすと、修復不可能な荒っぽさが欠点です。またパニック発作もたまに起こし、すぐ不安になったり、落ち着きがなくなったりする。おそらく世界ランク1位のJ・スピースや同2位のJ・デイと一緒に戦っていれば緊張感が保てるのでしょうが、遠い日本で時差もあったのか、集中が切れてポカをしたのかもしれません」(米ツアー記者)

 トップ10ぐらいの成績では、高い“アゴ足代”を払ったスポンサーもガッカリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る