招待選手ワトソンを“アテンド”できる日本プロ不在の寂しさ

公開日:  更新日:

【三井住友VISA太平洋マスターズ】

 メジャー2勝、世界ランク4位の実力プロはやっぱりモノが違う。主催者推薦で2年連続出場のB・ワトソン(37)だ。昨年大会は首位発進からズルズル順位を落とし24位フィニッシュと期待を裏切ったが、今年は好発進だ。

「昨年以上の成績を目指したい。できれば優勝したい」(ワトソン)

 汚名返上とばかりにヤル気満々。初日は11番で307ヤード、12番で306ヤードのビッグドライブを見せてギャラリーの度肝を抜き、1イーグル、8バーディー、1ボギーの63で回り単独トップに立った。

 通常、海外からの招待選手には、日本のトッププロが一緒にラウンドするというのがこの世界の礼儀だ。ワトソンは予選2日間、前年覇者のD・オーと石川遼と回るが、石川とは2年連続で同組。つまり、日本を代表する選手は石川ということになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る