谷原逃げ切りも 「最終日バック9に見せ場なし」と評論家酷評

公開日: 更新日:

【平和PGMチャンピオンシップ】

「ライブ中継の緊張感が何もない、味もそっけもない試合だった」

 こう断じるのは評論家の宮崎紘一氏だ。

 男子大会は首位発進の谷原秀人(36)が1つスコアを伸ばして通算11アンダーで逃げ切り、2年ぶりにツアー通算11勝目を挙げた。しかし、間延びしたつまらない試合展開だった。

 谷原が前半に3つスコアを伸ばして後続に5打差をつけると、後半は1バーディー、3ボギーと崩れながらも勝てた。

「要するにゴルフ大会で一番盛り上がるサンデーバック9にドラマがなかったわけです」(宮崎氏)とこう続ける。

「最終日の後半9ホールはプロにとって勝負どころです。みんなが優勝を目指して果敢に攻めてくるからスーパーショットも生まれるし、手に汗握るしのぎ合いになる。誰がスコアを伸ばしてくるのかわからない、まさに筋書きのないドラマが繰り広げられるのがサンデーバック9です。ところが谷原がスコアを崩しても逃げ切ることができたのですから気の抜けたビールのようなものです。あのレベルのプレーで谷原は4000万円も手にできるわけですから、プロゴルファーは楽な商売だと思われても仕方ない。プロは見せてナンボの世界なのに、雨の中で観戦したギャラリーも拍子抜けでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る