松山が背中痛で途中棄権 “古傷”との関連性を専門家が指摘

公開日:  更新日:

【WGC HSBC選手権】

 大会3日目に右背部の痛みを訴えて、6ホールをプレーしただけで棄権した松山英樹(23)。ラウンド中は背中をさすったり、しきりに違和感を気にしていた。

「無理すればできるけど、無理だから無理」とコメントしたが、前年覇者として出場する日本ツアーのダンロップフェニックス(19日開幕)までに完治できるのか、が気になる。

 フィジカルトレーナーの平山昌弘氏は「前週の右足首ねんざと、今回の背中の痛みは関連があると見ていいでしょう」とこう解説してくれた。

「下半身にトラブルを抱えると上半身に影響が及びます。ねんざした右足首をかばうと上半身は左に傾いてくる。体のバランスが崩れてくるわけですが、プロだからスクエアではないと無意識のうちに右側に戻そうとします。その右足首をかばった代償が右背中の痛みにつながっているのです。松山が“無理”と言ったのも体のバランスがズレたままプレーを続けると、もっと状態がひどくなるとわかっているからでしょう。筋断裂という大きなトラブルがなく、原因がはっきりわかっていれば1週間もあれば背中の痛みも右足首のねんざも大丈夫でしょう。ただ、ねんざだからと甘く見ていると取り返しのつかないこともありえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る