松山が背中痛で途中棄権 “古傷”との関連性を専門家が指摘

公開日:  更新日:

【WGC HSBC選手権】

 大会3日目に右背部の痛みを訴えて、6ホールをプレーしただけで棄権した松山英樹(23)。ラウンド中は背中をさすったり、しきりに違和感を気にしていた。

「無理すればできるけど、無理だから無理」とコメントしたが、前年覇者として出場する日本ツアーのダンロップフェニックス(19日開幕)までに完治できるのか、が気になる。

 フィジカルトレーナーの平山昌弘氏は「前週の右足首ねんざと、今回の背中の痛みは関連があると見ていいでしょう」とこう解説してくれた。

「下半身にトラブルを抱えると上半身に影響が及びます。ねんざした右足首をかばうと上半身は左に傾いてくる。体のバランスが崩れてくるわけですが、プロだからスクエアではないと無意識のうちに右側に戻そうとします。その右足首をかばった代償が右背中の痛みにつながっているのです。松山が“無理”と言ったのも体のバランスがズレたままプレーを続けると、もっと状態がひどくなるとわかっているからでしょう。筋断裂という大きなトラブルがなく、原因がはっきりわかっていれば1週間もあれば背中の痛みも右足首のねんざも大丈夫でしょう。ただ、ねんざだからと甘く見ていると取り返しのつかないこともありえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る