日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一軍復帰で大活躍 中日・高橋周平はCS進出“最後の切り札”

「3カ月ぶりのスタメンで緊張しました。ランナーをかえせてよかった」

 お立ち台で笑顔がこぼれた。

 中日の高橋周平(22)が28日のDeNA戦で約3カ月ぶりに一軍復帰。6番・三塁でスタメン出場すると、2安打4打点の活躍を見せ、チームも今季最多の15得点の圧勝で連敗を5で止めた。

 この日、急きょ一軍昇格が決まった。ナゴヤドームでは午前10時20分から、二軍戦が行われ、高橋は三塁打を放っていた。それを見て昇格を決めた谷繁監督は、「(一軍昇格は)急きょだったが、よく打ってくれた。(これからの活躍を)願っていますよ」と目を細めた。

 東海大甲府から11年ドラフト1位で入団したが、過去4年の通算本塁打はわずか17本。「未完の大器」といわれ続けた高橋は、5年目を迎えた今季、一皮剥けつつあった。開幕戦でいきなり3安打を放つと、その後も好調をキープ。4月5日のDeNA戦から3番に抜擢され、4番ビシエドとのコンビでチームを牽引した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事