一軍復帰で大活躍 中日・高橋周平はCS進出“最後の切り札”

公開日: 更新日:

「3カ月ぶりのスタメンで緊張しました。ランナーをかえせてよかった」

 お立ち台で笑顔がこぼれた。

 中日の高橋周平(22)が28日のDeNA戦で約3カ月ぶりに一軍復帰。6番・三塁でスタメン出場すると、2安打4打点の活躍を見せ、チームも今季最多の15得点の圧勝で連敗を5で止めた。

 この日、急きょ一軍昇格が決まった。ナゴヤドームでは午前10時20分から、二軍戦が行われ、高橋は三塁打を放っていた。それを見て昇格を決めた谷繁監督は、「(一軍昇格は)急きょだったが、よく打ってくれた。(これからの活躍を)願っていますよ」と目を細めた。

 東海大甲府から11年ドラフト1位で入団したが、過去4年の通算本塁打はわずか17本。「未完の大器」といわれ続けた高橋は、5年目を迎えた今季、一皮剥けつつあった。開幕戦でいきなり3安打を放つと、その後も好調をキープ。4月5日のDeNA戦から3番に抜擢され、4番ビシエドとのコンビでチームを牽引した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る