日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中日救えるか “格安”新助っ人左腕セプティモの実力と不安

 中日の谷繁監督が思わず「超速ぇ」とうなった。

 6日、テスト生から1年契約の年俸1000万円で入団した新助っ人のセプティモ(30=米独立リーグ)がシート打撃に登板。打者12人に対して2安打1四球の内容に、「直球は148キロは出ていた。スライダーもうまく投げることができた」と、自画自賛だった。

 不安も露呈した。森ヘッドらが本人に指摘したのはセットポジションの際の動作。球種がバレる可能性があるらしい。本人は「修正できる」と事もなげに言ったが、まずは二軍でサインプレーなどに取り組むというから、時間がかかりそうだ。

 中日は交流戦開幕から2勝4敗と黒星が先行。先発は踏ん張っているものの、救援陣は31試合連続無失点の田島を除いて安定感を欠く。開幕時は抑えだった福谷は先日、登録抹消。セットアッパーの又吉も二軍落ちした。中継ぎ要員のセプティモにかかる期待は小さくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事