ビシエド再生託す 中日“キューバ至宝”リナレス獲得の狙い

公開日: 更新日:

「日本に再び来られたことを感謝している。チームの役に立ちたい」

 5日、「キューバの至宝」と呼ばれたオマール・リナレス氏(48)が中日の巡回コーチに就任。早速、指導を行った。

 同コーチは、キューバ代表選手として五輪で幾多のメダルを獲得。02年から04年まで中日でもプレーしていた。落合GMが中日の監督だった04年には、監督と選手の関係で同じ釜の飯を食った。2人は現役でプレーしていた頃から親交があり、リナレスが来日した際に食事をし、プレゼントを贈り合う間柄だった。編成担当を兼ねる森ヘッドとも親交があり、交渉はスムーズに進んだようだ。

 最も期待されているのは、主砲・ビシエドの再生だ。開幕直後の3、4月に9本塁打を放ち、月間MVPを受賞したが、6月は打率.184、2本塁打、7打点と急降下。キューバ出身のビシエドにとってリナレスは憧れの存在で、2人はすでに面談を行ったという。この日の広島戦でビシエドは第1打席で二塁打を放つなど2安打。技術とメンタル、両面のフォローが復活の契機になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る