ビシエド再生託す 中日“キューバ至宝”リナレス獲得の狙い

公開日:  更新日:

「日本に再び来られたことを感謝している。チームの役に立ちたい」

 5日、「キューバの至宝」と呼ばれたオマール・リナレス氏(48)が中日の巡回コーチに就任。早速、指導を行った。

 同コーチは、キューバ代表選手として五輪で幾多のメダルを獲得。02年から04年まで中日でもプレーしていた。落合GMが中日の監督だった04年には、監督と選手の関係で同じ釜の飯を食った。2人は現役でプレーしていた頃から親交があり、リナレスが来日した際に食事をし、プレゼントを贈り合う間柄だった。編成担当を兼ねる森ヘッドとも親交があり、交渉はスムーズに進んだようだ。

 最も期待されているのは、主砲・ビシエドの再生だ。開幕直後の3、4月に9本塁打を放ち、月間MVPを受賞したが、6月は打率.184、2本塁打、7打点と急降下。キューバ出身のビシエドにとってリナレスは憧れの存在で、2人はすでに面談を行ったという。この日の広島戦でビシエドは第1打席で二塁打を放つなど2安打。技術とメンタル、両面のフォローが復活の契機になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る