広島黒田の偉業阻止 中日で“不遇”の平田に他球団前のめり

公開日: 更新日:

 広島・黒田の日米通算200勝がかかった6日の試合。ファンの歓声をため息に変えたのは、中日の主将・平田良介(28)だった。

 1-1で迎えた六回無死一塁から中越えの勝ち越し適時二塁打。4試合ぶりの打点を挙げ、ヒーローインタビューで右の拳を突き上げた。

 3番打者としてリーグ10位の44打点をマークする平田だが、昨オフの契約更改では2年連続の保留。130試合に出場して打率.283、13本塁打、53打点と好成績を残しながら、2300万円増となる年俸7000万円の球団提示に不満をあらわにした。

 結局、上積みのないまま2度目の交渉でサインしたものの、一時は「今は(アマチュア選手が)中日に喜んで入ってきてくれる状況じゃないのかと思う。やれば給料が上がる球団なんだと思ってほしい」とフロントとの対決姿勢を鮮明にするほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る