プロ5年目飛躍期待も 中日・高橋周平「正三塁手」遠いワケ

公開日:  更新日:

 昨年は高卒5年目のヤクルト山田哲人(23)が「トリプルスリー」を達成して球界を賑わせたが、今年飛躍が期待される5年目選手が中日の高橋周平(22=東海大甲府高)だ。

 11年ドラフトで中日、オリックス、ヤクルトが1位指名。交渉権を獲得した中日に入団するも、成長が遅れている。昨年は背番号が3に変わっても三塁のポジションは奪えず、「今季は何としてもレギュラーを取る」と意気込んでいるのだが、ある中日OBは冷めた顔でこう言う。

「昨季の山田はチームの優勝に大きく貢献したが、前年も143試合でリーグ最多の193安打を放ち、打率も.324という数字を残している。急に開花したわけじゃない。出てくるヤツは3年目、4年目で片鱗を見せる。高卒5年目の14年に114試合に出て3割を打ったDeNAの筒香も、故障がなく、起用法を固定すれば13年から戦力になったとみている。あるコーチは周平について『素材はピカイチ。でもプロは自分を客観的に見て今やるべきことを見つける作業の繰り返しなのに、それがわかっていない』と漏らしていた。高卒のドラ1でそろそろ戦力になってもいい時期なんだが、このまま終わるかもしれない」

 今年に入って球団の系列スポーツ紙が取り上げたのは自主トレを公開した翌日(4日)ぐらい。大化けして谷繁監督を驚かせてみろ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る