プロ5年目飛躍期待も 中日・高橋周平「正三塁手」遠いワケ

公開日: 更新日:

 昨年は高卒5年目のヤクルト山田哲人(23)が「トリプルスリー」を達成して球界を賑わせたが、今年飛躍が期待される5年目選手が中日高橋周平(22=東海大甲府高)だ。

 11年ドラフトで中日、オリックス、ヤクルトが1位指名。交渉権を獲得した中日に入団するも、成長が遅れている。昨年は背番号が3に変わっても三塁のポジションは奪えず、「今季は何としてもレギュラーを取る」と意気込んでいるのだが、ある中日OBは冷めた顔でこう言う。

「昨季の山田はチームの優勝に大きく貢献したが、前年も143試合でリーグ最多の193安打を放ち、打率も.324という数字を残している。急に開花したわけじゃない。出てくるヤツは3年目、4年目で片鱗を見せる。高卒5年目の14年に114試合に出て3割を打ったDeNAの筒香も、故障がなく、起用法を固定すれば13年から戦力になったとみている。あるコーチは周平について『素材はピカイチ。でもプロは自分を客観的に見て今やるべきことを見つける作業の繰り返しなのに、それがわかっていない』と漏らしていた。高卒のドラ1でそろそろ戦力になってもいい時期なんだが、このまま終わるかもしれない」

 今年に入って球団の系列スポーツ紙が取り上げたのは自主トレを公開した翌日(4日)ぐらい。大化けして谷繁監督を驚かせてみろ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  3. 3

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  4. 4

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る