• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ5年目飛躍期待も 中日・高橋周平「正三塁手」遠いワケ

 昨年は高卒5年目のヤクルト山田哲人(23)が「トリプルスリー」を達成して球界を賑わせたが、今年飛躍が期待される5年目選手が中日の高橋周平(22=東海大甲府高)だ。

 11年ドラフトで中日、オリックス、ヤクルトが1位指名。交渉権を獲得した中日に入団するも、成長が遅れている。昨年は背番号が3に変わっても三塁のポジションは奪えず、「今季は何としてもレギュラーを取る」と意気込んでいるのだが、ある中日OBは冷めた顔でこう言う。

「昨季の山田はチームの優勝に大きく貢献したが、前年も143試合でリーグ最多の193安打を放ち、打率も.324という数字を残している。急に開花したわけじゃない。出てくるヤツは3年目、4年目で片鱗を見せる。高卒5年目の14年に114試合に出て3割を打ったDeNAの筒香も、故障がなく、起用法を固定すれば13年から戦力になったとみている。あるコーチは周平について『素材はピカイチ。でもプロは自分を客観的に見て今やるべきことを見つける作業の繰り返しなのに、それがわかっていない』と漏らしていた。高卒のドラ1でそろそろ戦力になってもいい時期なんだが、このまま終わるかもしれない」

 今年に入って球団の系列スポーツ紙が取り上げたのは自主トレを公開した翌日(4日)ぐらい。大化けして谷繁監督を驚かせてみろ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  8. 8

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  9. 9

    “のん待望論”封印「この世界の片隅に」松本穂香キスに絶賛

  10. 10

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

もっと見る