過去に大モメ 中日大島サイクル安打で“落合査定”どうなる

公開日: 更新日:

 フラフラと上がった打球が左前にポトリと落ちた。昨20日の広島戦で史上64人目となるサイクル安打。中日の大島洋平(30)は当たりが当たりだったからか、一塁ベース上で控えめに笑った。

 初回に先頭打者本塁打を放つと、二回に左二塁打。四回の中越え三塁打で王手をかけ、迎えた六回の第4打席であっさり記録を達成してみせた。

「今までサイクル安打の可能性は何回かあったんですけど、(残っていたのが)ホームランとかだった。今日はシングルだったんで、いけるかなと思っていました」

 そう言って喜んだ大島はここ数年、落合博満GM(62)に振り回されてきた。

 14年、リーグ4位の打率.318、球団タイ記録の186安打を放ったにもかかわらず、契約更改で査定を巡って落合GMとモメにモメた。提示は1775万円増の7400万円。希望額の9000万円と大きな開きがあったうえ、交渉の席で落合GMに「今年の守備じゃオレ(が監督)だったら使えない。(直前のドラフトで社会人外野手2人を指名したのも)おまえがそんなだから取った」と酷評され態度を硬化させた。3度目の交渉で上積みのないままサインしたものの、チーム内外から同情が集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

もっと見る