過去に大モメ 中日大島サイクル安打で“落合査定”どうなる

公開日: 更新日:

 フラフラと上がった打球が左前にポトリと落ちた。昨20日の広島戦で史上64人目となるサイクル安打。中日大島洋平(30)は当たりが当たりだったからか、一塁ベース上で控えめに笑った。

 初回に先頭打者本塁打を放つと、二回に左二塁打。四回の中越え三塁打で王手をかけ、迎えた六回の第4打席であっさり記録を達成してみせた。

「今までサイクル安打の可能性は何回かあったんですけど、(残っていたのが)ホームランとかだった。今日はシングルだったんで、いけるかなと思っていました」

 そう言って喜んだ大島はここ数年、落合博満GM(62)に振り回されてきた。

 14年、リーグ4位の打率.318、球団タイ記録の186安打を放ったにもかかわらず、契約更改で査定を巡って落合GMとモメにモメた。提示は1775万円増の7400万円。希望額の9000万円と大きな開きがあったうえ、交渉の席で落合GMに「今年の守備じゃオレ(が監督)だったら使えない。(直前のドラフトで社会人外野手2人を指名したのも)おまえがそんなだから取った」と酷評され態度を硬化させた。3度目の交渉で上積みのないままサインしたものの、チーム内外から同情が集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る