• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去に大モメ 中日大島サイクル安打で“落合査定”どうなる

 フラフラと上がった打球が左前にポトリと落ちた。昨20日の広島戦で史上64人目となるサイクル安打。中日の大島洋平(30)は当たりが当たりだったからか、一塁ベース上で控えめに笑った。

 初回に先頭打者本塁打を放つと、二回に左二塁打。四回の中越え三塁打で王手をかけ、迎えた六回の第4打席であっさり記録を達成してみせた。

「今までサイクル安打の可能性は何回かあったんですけど、(残っていたのが)ホームランとかだった。今日はシングルだったんで、いけるかなと思っていました」

 そう言って喜んだ大島はここ数年、落合博満GM(62)に振り回されてきた。

 14年、リーグ4位の打率.318、球団タイ記録の186安打を放ったにもかかわらず、契約更改で査定を巡って落合GMとモメにモメた。提示は1775万円増の7400万円。希望額の9000万円と大きな開きがあったうえ、交渉の席で落合GMに「今年の守備じゃオレ(が監督)だったら使えない。(直前のドラフトで社会人外野手2人を指名したのも)おまえがそんなだから取った」と酷評され態度を硬化させた。3度目の交渉で上積みのないままサインしたものの、チーム内外から同情が集まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る