日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

嶋は残留も低評価…楽天入り細川に早くも“正妻”の現実味

 ただの控え捕手では終わらないかもしれない。

 16日、楽天はソフトバンクを戦力外になった細川亨(36)と契約合意したと発表。青森県出身の細川は球団を通じて、「東北に帰って心機一転、楽天イーグルスでも優勝ができるように頑張ります」とコメントを出した。

 細川が楽天に求められる役割が控え捕手であることは、誰しも想像できる。なにせ正妻の嶋がFA権を行使せず、「生涯楽天宣言」で残留。故障は多くとも経験豊富な細川がバックアップに回るのは、当然のことだ。

 しかし、ある球団OBは「そうとも限りませんよ」とこう続けるのだ。

「現場介入をやめようとしない三木谷オーナー次第ではないか。オーナーは嶋を評価しておらず、大久保監督時代には試合中、バッテリーごと交代を命じたこともあった。今は両者の仲は修復されたようで、だから嶋も残留したのでしょう。しかし、三木谷オーナーはワンマンですからね。サッカーのヴィッセル神戸では次々に監督のクビを飛ばしたように、前言撤回なんて屁とも思っていない。再び、『やっぱり嶋じゃダメだ』と思ったら、細川に出番が回ってくるかもしれない」

 ただでさえ、嶋に続く捕手が育っていない楽天。現在は星野球団副会長がオーナーの現場介入にストップをかけているとはいえ、万が一もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事