西武・岸争奪で先手 楽天星野氏の“口説き”に他球団尻込み

公開日: 更新日:

「4年最大16億円!」3日付のスポーツ新聞で、景気の良い数字が躍った。

 2日、海外FA権の行使を表明した西武の岸孝之(31)。これに早速、獲得の意思を示したのが楽天だ。星野球団副会長(69)がその日のうちに報道対応し、「手を挙げてくれなきゃ口説きようがない」とニンマリ。大型契約もほのめかした。

 岸は、プロ通算10年で103勝(65敗)の右腕。通算防御率も3・05と安定感は抜群だ。にもかかわらず、獲得に動きを見せているのは現状では楽天だけ。いくら岸が地元仙台出身とはいえ、これほどの先発投手はどの球団だって欲しい。確かに岸はケガに悩まされ、昨季は5勝6敗、今季も9勝7敗と満足な成績を残せなかった。加えて、年俸2億2500万円の高給も獲得のネックになっているのか。

 あるセ球団の編成担当は「星野さんがいる限りは……」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る