プロ野球 総収入から見る「成功組」「失敗組」の人生設計

公開日:  更新日:

 球界は10月に入り、続々と今季限りでの戦力外選手を発表。多くの選手がユニホームを脱ぎ、第2の人生へと向かうことになる。そこで、ドラフト上位指名でクビになる選手の通算獲得年俸(契約金含む)からみた「成功者」と「失敗者」について考察してみる。

<成功組>

■久保裕也 36歳・東海大=02年巨人自由枠

 主にセットアッパーと抑えで活躍。巨人時代の14年には優勝の美酒にも酔った。15年オフに自由契約。今季はDeNAで再起を目指したが、9試合の登板で終わった。14年間のプロ野球生活で優勝も経験。8億2200万円(契約金1億円含む、出来高除く)を手にした。

■福原忍 39歳・東洋大=98年阪神3位

 野村、星野、岡田、真弓、和田、金本の6監督に仕えた虎のレジェンド。03年の優勝は手術明け、05年は先発で8勝を挙げるも、14敗で2年連続リーグ最多敗戦投手となる。11年からは中継ぎとして、5年連続50試合以上に登板。14年から2年連続最優秀中継ぎ投手に輝き、球団のタイトル獲得史上、最年長記録を更新した。最高年俸は今季の1億5000万円。現役晩年に年俸が上がった珍しい投手で、18年間の総収入は12億7700万円(同8000万円含む、出来高除く)。阪神の暗黒時代も優勝も経験。コーチ就任が濃厚だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る