• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

プロ野球 総収入から見る「成功組」「失敗組」の人生設計

 球界は10月に入り、続々と今季限りでの戦力外選手を発表。多くの選手がユニホームを脱ぎ、第2の人生へと向かうことになる。そこで、ドラフト上位指名でクビになる選手の通算獲得年俸(契約金含む)からみた「成功者」と「失敗者」について考察してみる。

<成功組>

■久保裕也 36歳・東海大=02年巨人自由枠

 主にセットアッパーと抑えで活躍。巨人時代の14年には優勝の美酒にも酔った。15年オフに自由契約。今季はDeNAで再起を目指したが、9試合の登板で終わった。14年間のプロ野球生活で優勝も経験。8億2200万円(契約金1億円含む、出来高除く)を手にした。

■福原忍 39歳・東洋大=98年阪神3位

 野村、星野、岡田、真弓、和田、金本の6監督に仕えた虎のレジェンド。03年の優勝は手術明け、05年は先発で8勝を挙げるも、14敗で2年連続リーグ最多敗戦投手となる。11年からは中継ぎとして、5年連続50試合以上に登板。14年から2年連続最優秀中継ぎ投手に輝き、球団のタイトル獲得史上、最年長記録を更新した。最高年俸は今季の1億5000万円。現役晩年に年俸が上がった珍しい投手で、18年間の総収入は12億7700万円(同8000万円含む、出来高除く)。阪神の暗黒時代も優勝も経験。コーチ就任が濃厚だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る