一発勝負のJ1昇格プレーオフ 26日準決勝2試合の見どころ

公開日: 更新日:

 Jリーグの試合で一番オモシロイといわれているのが、一発勝負で行われる「J1昇格プレーオフ(PO)」である。

 今季のJ2を制した湘南、2位の長崎のJ1自動昇格は決定済み。残る昇格枠は「1」。26日の準決勝で今季3位の名古屋が6位の千葉を、4位の福岡が5位の東京Vを地元スタジアムに迎え、勝者が12月3日に決勝を戦い、J1昇格最後の3チーム目が決まる。

 J2降格1年目の名古屋は、風間監督のポリシーでDFに攻撃的な選手を起用するなど、イケイケサッカーを展開。総得点85はリーグでダントツの数字である。対する千葉は、リーグ終盤7連勝でPOに滑り込んだ。

「チームの総合力を比較して名古屋有利と予想します。しかし、今季の名古屋は千葉相手に2連敗を喫し、大の苦手としている。3月に千葉とのアウェー戦を落とし、今月11日のホームでの千葉戦は、後半のわずか11分の間に3失点。千葉の激しいプレスに攻撃陣も沈黙してしまい、9試合ぶりの無得点試合と完敗を喫した。このマイナスイメージを名古屋の選手は払拭できているか? これが勝敗のカギを握る」(サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る