一発勝負のJ1昇格プレーオフ 26日準決勝2試合の見どころ

公開日: 更新日:

 Jリーグの試合で一番オモシロイといわれているのが、一発勝負で行われる「J1昇格プレーオフ(PO)」である。

 今季のJ2を制した湘南、2位の長崎のJ1自動昇格は決定済み。残る昇格枠は「1」。26日の準決勝で今季3位の名古屋が6位の千葉を、4位の福岡が5位の東京Vを地元スタジアムに迎え、勝者が12月3日に決勝を戦い、J1昇格最後の3チーム目が決まる。

 J2降格1年目の名古屋は、風間監督のポリシーでDFに攻撃的な選手を起用するなど、イケイケサッカーを展開。総得点85はリーグでダントツの数字である。対する千葉は、リーグ終盤7連勝でPOに滑り込んだ。

「チームの総合力を比較して名古屋有利と予想します。しかし、今季の名古屋は千葉相手に2連敗を喫し、大の苦手としている。3月に千葉とのアウェー戦を落とし、今月11日のホームでの千葉戦は、後半のわずか11分の間に3失点。千葉の激しいプレスに攻撃陣も沈黙してしまい、9試合ぶりの無得点試合と完敗を喫した。このマイナスイメージを名古屋の選手は払拭できているか? これが勝敗のカギを握る」(サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る