FC東京への不満吐露 FW大久保嘉人にJの古巣が熱視線

公開日:

 終盤戦を迎えたJリーグ。今オフの移籍市場の目玉といわれるのが、FC東京所属のFW大久保嘉人(35)である。

 川崎時代の2013~15年にJ史上初の3シーズン連続得点王となり、16年オフに鳴り物入りでFC東京に移籍した。

 しかし新天地で迎えた17年シーズンは開幕当初からパッとせず、ここまで8ゴールで得点ランクは16位タイ。チームも12位(18チーム)に低迷している。シーズン半ばごろから「大久保は『オレを生かすようなサッカーをやってくれない。選手に覇気がなさ過ぎる』と不満を漏らしている」(マスコミ関係者)といわれており、今シーズン終了後に「移籍志願を口にする」ともっぱらだった。

「いやいや大久保の移籍話は着々と進んでいますよ」と話すのは、テレビ局の関係者である。

「FC東京の立石GMは長崎・国見高のOBで大久保の先輩に当たる。大久保が川崎で2回目の得点王になった14年オフから『ウチに来てくれ』とオファーを出し続けていた間柄ですが、今シーズン限りでFC東京を退任して欧州クラブに転身するといわれている。大久保にしてみたら、FC移籍をお膳立てしてくれた先輩がいなくなることで出て行きやすい環境になった。あと2年くらいはフィジカル的にも一線級ストライカーの地位を維持できると評価は高く、主力FWの海外移籍が噂になっているC大阪、オフの大型補強を狙っている金満クラブの神戸が、大久保に2年契約を持ち掛けているようです」(前出のテレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る