釜本邦茂
著者のコラム一覧
釜本邦茂日本サッカー協会顧問

1944年4月15日生まれ。京都市出身。早稲田大2年で日本代表入り。64年東京五輪に続いて出場した68年メキシコ五輪で得点王を獲得。銅メダル獲得の原動力となった。日本代表Aマッチ76試合75得点(B、Cマッチを含めると231試合153得点)。Jリーグ発足後はG大阪初代監督。98年に日本サッカー協会副会長。95年から参議院議員を務めた。

惨敗ブラジル戦 日本の選手たちは恐怖心で腰が引けていた

公開日: 更新日:

 1―3のスコア以上に歴然とした開きがあったね、ブラジルとは。

 日本の選手は、王国に“敬意を表し過ぎて”自信を失い、ミスを恐れて厳しい局面でボールを受けようとせず、漫然とボールを回しているところを狙われた。1本目のPKシーンもそう。恐怖心から腰が引け、普段は使わない「手」が、つい出てしまったんだろう。

 後半は、そういうシーンも減ったが、ブラジルが「明らかにペースを落とした」から。厳しく言う。日本の選手は「プレーすることから逃げている」ようだった。攻撃陣には「残念だった」と言いたい。もう少し出来ると思っていたので「不満だった」を付け加えさせてもらおうか。

 ポストプレーに強いFW大迫だが、ブラジルのDF陣相手にボールが収まり切らず、いつもブンデスリーガなどで見せている安定感がなかった。 左サイドのFW原口と右サイドのFW久保の場合は、何よりも仕掛ける回数が少な過ぎた。2人のパフォーマンス自体は、そんなに悪くはなかったと思うが、相手選手は「シュートを打ってくるぞ!」という恐れを抱く回数は、非常に少なかったと思う。もっと「前に! 前に!」という雰囲気を体中から出して欲しかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る