本田、岡崎、香川…“3本柱外し”ハリル日本は収穫ゼロ発進

公開日:  更新日:

 注目の一戦を中継したテレビ局は、日本代表が負けた瞬間に「惜敗」というテロップを流した。

 ハリルホジッチ日本代表は、仏リールで行われた国際親善試合でブラジルを相手に1―3というスコアを残した。王国と戦って「2点差」。これだけを見ると惜敗と言えるかも知れないが、サッカーファンじゃなくても彼我のレベル差が大きいことを実感し、惜敗という文字に違和感を覚えたに違いない。 

 今回の代表メンバー発表でハリルホジッチは代表出場111試合・50得点のFW岡崎慎司(31=レスター)、91試合・36得点のFW本田圭佑(31=パチューカ)、89試合・29得点のMF香川真司(28=ドルトムント)の「3本柱」を外した。

 指揮官の意図は「本田と岡崎はコンディションが良化すれば再招集。しかし香川はボーダーライン上。持ち前の攻撃センスが陰りを見せ、フィジカルの弱さと守備意識の低さでハリルが重要視している『デュエル(1対1の球際の強さ)』で見劣りするところが、評価ダウンにつながっている」(現地取材記者)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る