日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スポンサー怒り心頭 10番・香川“戦力外”のテンヤワンヤ

 日本代表の背番号10といえば「ドルトムントMF香川真司(28)」だが、今回の欧州遠征(10日=ブラジル代表戦、14日=ベルギー代表戦)メンバーから外れ、スペイン・エイバルMF乾貴士(29)が背負うことになった。エースナンバーといわれる10番。仏リール市内の練習場で「これまでつけていた真司の背番号だと思っている」と迷惑そうな雰囲気で話していた乾には、厄介なシロモノのようである。

 そもそも香川が遠征メンバー外となったことで10番を巡り、日本サッカー協会(JFA)やスポンサー企業を巻き込んでドタバタが繰り広げられている。実は香川の背番号10には、JFAと2023年まで8年契約・250億円のスポンサー契約を結んでいるアディダスが深く関与している。1999年からJFAをスポンサードしているアディダスにとって、注目度の高い10番は自社契約選手につけさせたい。JFAも大スポンサーの意向は無視できず、アディダスと契約している選手に「優先的に与える」ことが不文律となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事