今季不振のジャンプ葛西 得意のラージヒルで巻き返しの目

公開日:  更新日:

 メダルは無理でも順位はアップしそうだ。

 冬季五輪史上最多8度目出場の葛西紀明(45)のノーマルヒル(NH=K点98メートル)は21位に終わったが、過去の五輪成績を見ると、6大会中5大会(長野はNHのみ)はノーマルヒルよりラージヒル(LH=K点125メートル)の方が成績がよい。LHの方が滞空時間が長く、距離が出るので葛西の経験と技術が生きるからだ。

 15日の公式練習2回目には、日本勢トップ(全体2番目)の138メートルを飛び、3回目も133メートルでLHの出場メンバーに入った。

 16日の予選は、ジャンプ1本で57人を50人に絞る。36番目に飛んだ葛西は122.5メートルで104.2ポイントの22位。小林潤志郎(37位)、陵侑(3位)の兄弟に竹内択(27位)の3人も難なく予選を通った。

 17日の決勝は、ジャンプ2本の合計得点で順位が決まる。葛西は五輪個人種目で2個目のメダルを狙う。

 ちなみに葛西は、銀メダルのソチ五輪決勝は、1回目139メートル、2回目133.5メートル(2本合計277.4点)のジャンプだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る