• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季不振のジャンプ葛西 得意のラージヒルで巻き返しの目

 メダルは無理でも順位はアップしそうだ。

 冬季五輪史上最多8度目出場の葛西紀明(45)のノーマルヒル(NH=K点98メートル)は21位に終わったが、過去の五輪成績を見ると、6大会中5大会(長野はNHのみ)はノーマルヒルよりラージヒル(LH=K点125メートル)の方が成績がよい。LHの方が滞空時間が長く、距離が出るので葛西の経験と技術が生きるからだ。

 15日の公式練習2回目には、日本勢トップ(全体2番目)の138メートルを飛び、3回目も133メートルでLHの出場メンバーに入った。

 16日の予選は、ジャンプ1本で57人を50人に絞る。36番目に飛んだ葛西は122.5メートルで104.2ポイントの22位。小林潤志郎(37位)、陵侑(3位)の兄弟に竹内択(27位)の3人も難なく予選を通った。

 17日の決勝は、ジャンプ2本の合計得点で順位が決まる。葛西は五輪個人種目で2個目のメダルを狙う。

 ちなみに葛西は、銀メダルのソチ五輪決勝は、1回目139メートル、2回目133.5メートル(2本合計277.4点)のジャンプだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る