平昌は通過点 ジャンプ葛西が“53歳で五輪”を目指せるワケ

公開日: 更新日:

 平昌が集大成、ではなさそうだ。16日に行われるラージヒル予選。ベテランの葛西紀明は順調にいけば翌17日の決勝に進む。19日には団体ラージヒルもあるが、長野五輪団体金メンバーの岡部孝信(47)が43歳で引退したことを考えても、今回が最後の五輪になるというのが周囲の見方だ。

 しかし、レジェンドの頭には「引退」の2文字はなく、すでに4年後の北京までの現役続行を示唆している。昨年には「きりよく10回の五輪を目指していきたい」とも発言。2026年の五輪は、出身地(下川町)に近い札幌が招致を表明していることも後押しになっている。

 葛西は北京五輪のときには49歳。まさかとは思うが、26年のときは53歳である。夢を語るのは勝手だが、いくら何でも「次の次」まで狙っているというのは冗談が過ぎるのではないか。

「そんなことはありませんよ」とあるジャンプ関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る