平昌は通過点 ジャンプ葛西が“53歳で五輪”を目指せるワケ

公開日:  更新日:

 平昌が集大成、ではなさそうだ。16日に行われるラージヒル予選。ベテランの葛西紀明は順調にいけば翌17日の決勝に進む。19日には団体ラージヒルもあるが、長野五輪団体金メンバーの岡部孝信(47)が43歳で引退したことを考えても、今回が最後の五輪になるというのが周囲の見方だ。

 しかし、レジェンドの頭には「引退」の2文字はなく、すでに4年後の北京までの現役続行を示唆している。昨年には「きりよく10回の五輪を目指していきたい」とも発言。2026年の五輪は、出身地(下川町)に近い札幌が招致を表明していることも後押しになっている。

 葛西は北京五輪のときには49歳。まさかとは思うが、26年のときは53歳である。夢を語るのは勝手だが、いくら何でも「次の次」まで狙っているというのは冗談が過ぎるのではないか。

「そんなことはありませんよ」とあるジャンプ関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る