美帆は2個目メダル 高木姉妹の躍進要因は“嫉妬と敵対心”

公開日:

 中距離のエースが今大会2個目のメダルを手にした。

 女子スピードスケート1000メートルで高木美帆(23)が1分13秒98で3位。銀メダルを獲得した12日の1500メートルに続いて江陵アイスアリーナに日の丸を掲げた。

 ここまで3000メートルも含めて3レースをこなしているだけに「この体の状況で、自分が想定していた以上のレースができた。1500以上に自分を褒めてあげたい」と納得の表情を見せた。

 今大会は団体追い抜きでチームを組む姉・菜那(25)とともに、初めて姉妹揃っての出場。前回のソチ大会は美帆は代表入りを逃しただけに、団体追い抜きでは姉妹でメダル獲得を目指す。

 過去に姉妹でメダリスト(世界選手権含む)になったのはレスリングの伊調千春(アテネ、北京銀)、馨(アテネから4大会連続金)、柔道の上野雅恵(アテネ、北京金)、順恵(ロンドン銅)、田知本愛(15年世界選手権銀)、遥(リオ金)らがいる。いずれも同じ競技とはいえ、階級が異なるため、代表選考会での直接対決はなかった。五輪出場をかけて姉妹同士による潰し合いはないため、ライバルというよりも、日頃から互いにアドバイスするなど協力し合ってメダル獲得を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る