• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

美帆は2個目メダル 高木姉妹の躍進要因は“嫉妬と敵対心”

 中距離のエースが今大会2個目のメダルを手にした。

 女子スピードスケート1000メートルで高木美帆(23)が1分13秒98で3位。銀メダルを獲得した12日の1500メートルに続いて江陵アイスアリーナに日の丸を掲げた。

 ここまで3000メートルも含めて3レースをこなしているだけに「この体の状況で、自分が想定していた以上のレースができた。1500以上に自分を褒めてあげたい」と納得の表情を見せた。

 今大会は団体追い抜きでチームを組む姉・菜那(25)とともに、初めて姉妹揃っての出場。前回のソチ大会は美帆は代表入りを逃しただけに、団体追い抜きでは姉妹でメダル獲得を目指す。

 過去に姉妹でメダリスト(世界選手権含む)になったのはレスリングの伊調千春(アテネ、北京銀)、馨(アテネから4大会連続金)、柔道の上野雅恵(アテネ、北京金)、順恵(ロンドン銅)、田知本愛(15年世界選手権銀)、遥(リオ金)らがいる。いずれも同じ競技とはいえ、階級が異なるため、代表選考会での直接対決はなかった。五輪出場をかけて姉妹同士による潰し合いはないため、ライバルというよりも、日頃から互いにアドバイスするなど協力し合ってメダル獲得を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る