美帆は2個目メダル 高木姉妹の躍進要因は“嫉妬と敵対心”

公開日:

 中距離のエースが今大会2個目のメダルを手にした。

 女子スピードスケート1000メートルで高木美帆(23)が1分13秒98で3位。銀メダルを獲得した12日の1500メートルに続いて江陵アイスアリーナに日の丸を掲げた。

 ここまで3000メートルも含めて3レースをこなしているだけに「この体の状況で、自分が想定していた以上のレースができた。1500以上に自分を褒めてあげたい」と納得の表情を見せた。

 今大会は団体追い抜きでチームを組む姉・菜那(25)とともに、初めて姉妹揃っての出場。前回のソチ大会は美帆は代表入りを逃しただけに、団体追い抜きでは姉妹でメダル獲得を目指す。

 過去に姉妹でメダリスト(世界選手権含む)になったのはレスリングの伊調千春(アテネ、北京銀)、馨(アテネから4大会連続金)、柔道の上野雅恵(アテネ、北京金)、順恵(ロンドン銅)、田知本愛(15年世界選手権銀)、遥(リオ金)らがいる。いずれも同じ競技とはいえ、階級が異なるため、代表選考会での直接対決はなかった。五輪出場をかけて姉妹同士による潰し合いはないため、ライバルというよりも、日頃から互いにアドバイスするなど協力し合ってメダル獲得を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る