分断国家ひとつに 韓国記者が見たアイホ「日本対コリア」

公開日:  更新日:

「よく戦った!」

「スコアは1―4だが内容では対等に戦った! 奮戦した」

 14日に行われた女子アイスホッケー1次リーグの日本対コリア戦。翌日の韓国の新聞は、負けたとは思えないほどの盛り上がりだった。中央日報は「単一チーム初ゴールの主役はグリフィン」と報じ、京郷新聞は「世界に見せつけた一つの力」と大見出しをうった。

 ある韓国記者は「結果はわかっていたことです」と言って、こう続けた。

「我々の関心は日本相手にゴールできるかどうかだけだった。世界ランクは日本9位。韓国同22位、北朝鮮は同25位。韓国と日本の対戦成績は7戦全敗で、106失点。得点はわずかに1点だけです。2007年のアジア大会では0―29という大惨敗もある。14年からマリー監督(30=カナダ)の指導で力をつけてはきた。それでも、さすがに勝つまでは厳しい。南北単一チームで、日本から五輪初ゴールを挙げるという歴史をつくったことに大きな意味がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  6. 6

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る