バスの案内も一切なし 平昌はケチケチ“節約五輪”だった

公開日:

 普段は韓国野球を専門に取材している室井昌也氏は韓国語が話せるし、これまで何度も韓国を訪れている。それでも現地ではスムーズに競技会場に行けなかったという。なぜか?

 ◇  ◇  ◇

 ソウルからKTX(韓国高速鉄道)に乗って珍富まで約1時間30分。ここが開会式の行われたメインスタジアムやジャンプ会場の最寄り駅です。競技場まではシャトルバスが出ています。私の他、乗客全員が会場に最も近い「北門」ではなく、1つ手前の東門で下車してしまいました。目の前のボランティアに道を尋ねると「ここからジャンプ会場までは、別のバスで北門に行ってください」という。「どの競技会場はどこで降りるのか、ということがわかる場内アナウンスがあれば」と思ったのは、私だけではないでしょう。

 シャトルバスは地元のバス会社の車両を使用。車体には「○△観光」の文字もあり、五輪用のラッピングはされていません。車体の色も異なるので統一感もなし。韓国は、お金をかける時はすごく派手ですが、経費を削減する時は徹底して削る。今回の五輪は後者だと感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る