• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バスの案内も一切なし 平昌はケチケチ“節約五輪”だった

 普段は韓国野球を専門に取材している室井昌也氏は韓国語が話せるし、これまで何度も韓国を訪れている。それでも現地ではスムーズに競技会場に行けなかったという。なぜか?

 ◇  ◇  ◇

 ソウルからKTX(韓国高速鉄道)に乗って珍富まで約1時間30分。ここが開会式の行われたメインスタジアムやジャンプ会場の最寄り駅です。競技場まではシャトルバスが出ています。私の他、乗客全員が会場に最も近い「北門」ではなく、1つ手前の東門で下車してしまいました。目の前のボランティアに道を尋ねると「ここからジャンプ会場までは、別のバスで北門に行ってください」という。「どの競技会場はどこで降りるのか、ということがわかる場内アナウンスがあれば」と思ったのは、私だけではないでしょう。

 シャトルバスは地元のバス会社の車両を使用。車体には「○△観光」の文字もあり、五輪用のラッピングはされていません。車体の色も異なるので統一感もなし。韓国は、お金をかける時はすごく派手ですが、経費を削減する時は徹底して削る。今回の五輪は後者だと感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る