バスの案内も一切なし 平昌はケチケチ“節約五輪”だった

公開日:

 普段は韓国野球を専門に取材している室井昌也氏は韓国語が話せるし、これまで何度も韓国を訪れている。それでも現地ではスムーズに競技会場に行けなかったという。なぜか?

 ◇  ◇  ◇

 ソウルからKTX(韓国高速鉄道)に乗って珍富まで約1時間30分。ここが開会式の行われたメインスタジアムやジャンプ会場の最寄り駅です。競技場まではシャトルバスが出ています。私の他、乗客全員が会場に最も近い「北門」ではなく、1つ手前の東門で下車してしまいました。目の前のボランティアに道を尋ねると「ここからジャンプ会場までは、別のバスで北門に行ってください」という。「どの競技会場はどこで降りるのか、ということがわかる場内アナウンスがあれば」と思ったのは、私だけではないでしょう。

 シャトルバスは地元のバス会社の車両を使用。車体には「○△観光」の文字もあり、五輪用のラッピングはされていません。車体の色も異なるので統一感もなし。韓国は、お金をかける時はすごく派手ですが、経費を削減する時は徹底して削る。今回の五輪は後者だと感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る