佐藤優氏が薦める「イスラム世界」がわかる3冊

公開日: 更新日:

 「イスラム聖戦テロの脅威/松本光弘著」は、警察の対テロ対策部門の責任者である警察庁外事情報部長を務める著者による、イスラム過激派に関する優れた作品だ。

〈現在のヨーロッパは、「新アフガニスタン」とも呼びうる。アルカイダの類が作戦本部に選んでいるからだ。(中略)ジハード主義者たちは世界メディアの中心ロンドンを利用し、聖戦テロの観衆もグローバルにした。アルカイダがこれまで世界中で行ってきたテロ攻撃は、9・11テロ以前からすべてヨーロッパと何らかのつながりがあった〉と指摘する。

「イスラム国」(IS)の活動は、信教や報道の自由、人権尊重などのヨーロッパの価値観に付け込んでいる。16年もヨーロッパで深刻なテロが発生する可能性が排除されない。

 「第3次世界大戦の罠/山内昌之・佐藤優著」では、それぞれ中東とロシアを専門とする2人の踏み込んだ意見交換が展開されている。山内氏のトルコのエルドアン政権とISの協力関係についての指摘が重要だ。

 ジョージ・フリードマン著「新・100年予測 ヨーロッパ炎上」は、トルコがオスマン帝国への回帰という表象で、帝国主義的傾向を強めていることに警鐘を鳴らしている。イスラム原理主義的傾向を持つエルドアン政権は世界の不安定要因になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る

人気キーワード