• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

空爆の先見えず…IS掃討作戦は出口なしの“地獄絵”になる

「必ず敵を打倒する」――こう宣言してIS(イスラム国)掃討作戦に乗りだしたフランスは、地中海に原子力空母「シャルル・ドゴール」を派遣、そこから連日の空爆を繰り返している。

 ISが首都と位置付けるシリア北部のラッカ、イラク北部の拠点モスル、さらにはバグダッド近くのラマディも攻撃対象に加えているが、軍事作戦の先行きは不安だらけだ。IS支配地域への空爆は米が先行、フランス、トルコが続き、ロシアも参戦し、ようやく「成果が見えてきた」(軍事ジャーナリスト・世良光弘氏)とみられていたが、ロシアとトルコが“準戦争状態”になったことに加えて、空爆の先が見えないのだ。

「空爆は言ってみれば、IS兵士をタコつぼに押し込め、移動できなくさせるものです。物資の移動もできないので、兵糧攻めになる。米国だけの散発空爆では意味がなかったけれども、各国が連携することで、成果は上がるとみています。しかし、最終的には地上軍を派遣し、ISが支配しているラッカやモスルを解放しなければ、勝利にならない。これが極めて難しいのです。ラッカは人口40万人。イラクのフセイン大統領が人の盾にしたように、ISは彼らを人質にして戦うことになるでしょう。大統領宮殿などがないラッカでは、一軒一軒、ISのアジトを潰して、全面降伏させるしかない。そこに住民が必ずいる。イラクのファルージャの惨劇の繰り返しになるかもしれません」(世良光弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事