空爆&特殊部隊…今度こそイスラム国を殲滅できるのか?

公開日:  更新日:

 英軍はシリアで空爆を始め、イスラム国が資金源にしている油田6カ所を破壊した。有志連合によるイスラム国掃討作戦を主導する米国は、イラクにさらに2000人規模の特殊部隊を投入。イラク政府と協力して人質解放、イスラム国の幹部拘束や急襲作戦を強化するというが、9・11テロを仕掛けたウサマ・ビンラディンの殺害に10年もの月日を要した。今度こそイスラム国を殲滅できるのか。

 軍事誌「PANZER」の和泉貴志編集長はこう言う。

「米軍は今年の春先から水面下で特殊部隊を投入しています。10~20人でチームを組み、空爆の標的を絞り込むためにイスラム国の“領土”に潜入して偵察するのはもちろん、司令部や軍事拠点の破壊活動も行っている。特殊部隊の追加を公言したのは、作戦のメドが立ってきたからでしょう。イスラム国に心理的プレッシャーを与える効果もある。彼らのゲリラ攻撃に対抗するにはヒットエンドランが原則の特殊部隊でないと太刀打ちできません。米軍とは別に、特殊部隊経験者をリクルートして編成したCIA要員による暗殺部隊も動き回っている。CIAは欧州からの義勇兵に紛れ込ませて諜報部員を送り込み、スパイ活動も展開しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る