「病める『海のまち』」闇 高須基仁著

公開日: 更新日:

 東日本大震災から5年以上が過ぎた。リオ五輪が終わり、日本は次の東京五輪に向けた動きに染まっているが、被災地はどうなっているのか。そんな思いで、震災の象徴だった石巻市と74人の死者を出した大川小学校にスポットを当て、震災から今日に至る復興の内情をルポ。

 大川小学校で多数の犠牲者が出たのは、校長が前任者が作成した避難マニュアルを見ていなかったための人災だという。

 市が災害復興支援住宅として20億円で買い取ったのは、実は商工会議所会頭が組合理事長を務めるマンションだったということも発覚。震災がれき撤去詐取事件、公金の不透明な動きを巡るトラブルなど、報道されない石巻の闇を検証する。(展望社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る