「病める『海のまち』」闇 高須基仁著

公開日:

 東日本大震災から5年以上が過ぎた。リオ五輪が終わり、日本は次の東京五輪に向けた動きに染まっているが、被災地はどうなっているのか。そんな思いで、震災の象徴だった石巻市と74人の死者を出した大川小学校にスポットを当て、震災から今日に至る復興の内情をルポ。

 大川小学校で多数の犠牲者が出たのは、校長が前任者が作成した避難マニュアルを見ていなかったための人災だという。

 市が災害復興支援住宅として20億円で買い取ったのは、実は商工会議所会頭が組合理事長を務めるマンションだったということも発覚。震災がれき撤去詐取事件、公金の不透明な動きを巡るトラブルなど、報道されない石巻の闇を検証する。(展望社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る