「病める『海のまち』」闇 高須基仁著

公開日:

 東日本大震災から5年以上が過ぎた。リオ五輪が終わり、日本は次の東京五輪に向けた動きに染まっているが、被災地はどうなっているのか。そんな思いで、震災の象徴だった石巻市と74人の死者を出した大川小学校にスポットを当て、震災から今日に至る復興の内情をルポ。

 大川小学校で多数の犠牲者が出たのは、校長が前任者が作成した避難マニュアルを見ていなかったための人災だという。

 市が災害復興支援住宅として20億円で買い取ったのは、実は商工会議所会頭が組合理事長を務めるマンションだったということも発覚。震災がれき撤去詐取事件、公金の不透明な動きを巡るトラブルなど、報道されない石巻の闇を検証する。(展望社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る