「われらが背きし者」ジョン・ル・カレ著 上岡伸雄・上杉隼人訳

公開日: 更新日:

 オックスフォード大学の教壇に立つペリーは、中学教師への転身を決断。恋人で弁護士のゲイルと最初で最後の贅沢をしようと、父の遺産でカリブ海のリゾート島に滞在する。スポーツ万能のペリーは、現地でデュマと名乗る男からテニスの試合を申し込まれる。2人の試合を観戦中、ゲイルは彼の親族だという2人の少女と仲良くなる。

 ロシアの富豪らしいデュマに気に入られたペリーとゲイルは彼の息子の誕生パーティーに招待される。迎えてくれたデュマは、盗聴器に会話を聞かれないよう一枚の紙を差し出す。実は彼はロシアの犯罪組織の幹部で、イギリスへの亡命を希望しており、ペリーはイギリス情報部との仲介を頼まれる。

 スパイ小説の巨匠によるエンターテインメント。(岩波書店 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る