「われらが背きし者」ジョン・ル・カレ著 上岡伸雄・上杉隼人訳

公開日:

 オックスフォード大学の教壇に立つペリーは、中学教師への転身を決断。恋人で弁護士のゲイルと最初で最後の贅沢をしようと、父の遺産でカリブ海のリゾート島に滞在する。スポーツ万能のペリーは、現地でデュマと名乗る男からテニスの試合を申し込まれる。2人の試合を観戦中、ゲイルは彼の親族だという2人の少女と仲良くなる。

 ロシアの富豪らしいデュマに気に入られたペリーとゲイルは彼の息子の誕生パーティーに招待される。迎えてくれたデュマは、盗聴器に会話を聞かれないよう一枚の紙を差し出す。実は彼はロシアの犯罪組織の幹部で、イギリスへの亡命を希望しており、ペリーはイギリス情報部との仲介を頼まれる。

 スパイ小説の巨匠によるエンターテインメント。(岩波書店 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る