「われらが背きし者」ジョン・ル・カレ著 上岡伸雄・上杉隼人訳

公開日: 更新日:

 オックスフォード大学の教壇に立つペリーは、中学教師への転身を決断。恋人で弁護士のゲイルと最初で最後の贅沢をしようと、父の遺産でカリブ海のリゾート島に滞在する。スポーツ万能のペリーは、現地でデュマと名乗る男からテニスの試合を申し込まれる。2人の試合を観戦中、ゲイルは彼の親族だという2人の少女と仲良くなる。

 ロシアの富豪らしいデュマに気に入られたペリーとゲイルは彼の息子の誕生パーティーに招待される。迎えてくれたデュマは、盗聴器に会話を聞かれないよう一枚の紙を差し出す。実は彼はロシアの犯罪組織の幹部で、イギリスへの亡命を希望しており、ペリーはイギリス情報部との仲介を頼まれる。

 スパイ小説の巨匠によるエンターテインメント。(岩波書店 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

もっと見る